ウエディングプランナーのお仕事について | ブライダルキャリア

-------------------------------------------------
・ウエディングプランナーになりたいけど、具体的にどんな仕事?
・一貫担当制と分業制とは?
・ウエディングプランナーに向いている人
-------------------------------------------------

以上の悩みを解決できる記事を用意しました!

ブライダルキャリアでは求人情報だけでなく
転職ノウハウなど、様々な形で就職のお手伝いをいたします!

Ⅰ.ウエディングプランナーってどんな仕事?
ウェディングプランナーは、結婚式を総合的にプランニングし
準備から当日までの管理業務も行う専門的な仕事です。
顧客のニーズに合う結婚式になるように提案し
必要な備品や人材の手配等を含めて総合的にサポートします。
ウェディングプランナーの具体的な仕事内容は
顧客の希望(予算・日程・こだわり等)をヒアリングし
適切なプランを提案する打ち合わせに始まり
結婚式当日の司会やカメラマン、神父、音響スタッフ等の人材に加え
ブーケやウェディングケーキ等の品物の手配と管理業務なども行います。


Ⅱ.一貫担当制と分業制とは
①一貫担当制のウェディングプランナー
一貫担当制とは、お客様が初めて来館されたときの接客から
打合せ、結婚式当日までの接客を同じプランナーが担当する方法のことです。
大手のブライダル会社ではT&Gがこの方法を採用しており
ウェディングプロデュースの会社も同じく
この方法であることがほとんどでしょう。
ウェディングプランナーは自分の担当を持ちながら新規接客にも出るので
新規と打合せの両方の業務を並行して行うことになります。


②分業制のウェディングプランナー
分業制とは、お客様が始めた来館されたときの接客と
打合せ~結婚式当日までの接客を別のプランナーが担当する方法のことです。
ウェディングプランナーは新規接客担当と打合せ担当で明確に分かれており
新規プランナーは新規接客だけ、打合せプランナーは
打合せだけを担当するのが一般的です。


Ⅲ.ウエディングプランナーに向いている人
①ビジネスマナーや礼儀が備わっている人
ウエディングプランナーになるための大前提として
しっかりとビジネスマナーや礼儀ができることがあげられます。
日ごろから多くの人と関わり、ときには式場やホテルの顔として
お客さまと接するウエディングプランナーには
ビジネスマナーは必須であり、いつも笑顔でどんな方に対しても
気持ちよい接客ができることは大切な要素です。

②人を楽しませられるアイデアを思いつく発想力が豊かな人
ウエディングプランナーは式全体の演出をするため
人を楽しませられるアイデアを思いつく発想力が豊かな人は
ウエディングプランナーに向いています。
もともと人を喜ばせることが好きな人や
サプライズ演出やイベントの企画などが好きな人は
ウエディングプランナーになった際にその想像力や実行力を生かせるでしょう。

③忍耐力や営業力・プレゼンテーション能力がある人
結婚式を成功させるために細かいところまで気づかいができ
たとえ残業や休日出勤など自分を犠牲にしても
他人のために尽くしたいという忍耐力がある人
カップルに対しさまざまなプランを提案できる営業力や
プレゼンテーション能力がある人も向いているでしょう。