ブライダル業界の面接対策について<自己PRのポイント> | ブライダルキャリア

面接の自己PRでは、あなたの今までの培ってきた実績やスキル、また、応募先の企業でどのように貢献できるのかを伝える場です。自己PRは志望動機と同じく、面接官に重要視されるものなので、事前に対策をしっかり練っておくことが大切です。

ここでは、面接の自己PRでアピールすべきポイントをご紹介いたします。

自己PRのポイント

面接はあなたと応募企業とのお見合いのような場です。「自分が言いたいこと」だけをアピールしても、一方的になってしまうと良い結果を得ることはできません。

自分の今までの実績を面接官に伝えるのが自己PRですが、相手でが何を求めているのかを理解しておかなければ、一方的になってしまいます。まずは事故㏚で伝えるべきポイントを整理してから内容をまとめましょう。

前職の実績やスキルについて

面接官が知りたいのはあなたの強みです。そのため、今までのあなたの仕事での実績やスキルを伝えることが大切です。

募集職種の専門的なスキルはもちろん、どの企業においても重宝される語学力などをアピールするのも効果的でしょう。また、実績については、「顧客フォローを徹底したことでリピート率が◯%アップした」「提案方法を顧客目線になって考えたことで業績が〇%アップした」など、あなたが何をして、どのような成果を得られたのか含めて伝えると、より説得力が増します。

社会人経験の浅い方も「人間性」や「学生時代の経験」ではなく、できるだけ仕事における実績などを基に自己PRを考えることがポイントです。

入社後の展望について

自己PRではあなたの入社後に、どのように働いていきたいと考えているのかについても伝えるようにして下さい。面接官が本当に知りたいのは「入社後、それを自社で活かしてくれるかどうか」です。