ドレスコーディネーターからプランナーを目指すには | ブライダルキャリア

ブライダル業界で様々なことに携わってきたことは、最大の強みです。

その上で、なぜプランナーになりたいのか、経験と気持ちをしっかりと棚卸して整理することが必要です。

おそらく、身近でプランナーのお仕事を見てきたからこそ、目指すのであれば、憧れだけでは活躍できないことも理解されているかと思います。

今まで基本的には、式場から案内されてきたお客様お接客することが多かったかもしれません。その案内をするためのきっかけを作るのがプランナーです。

一番最初にお客様に接するプランナーの活躍が、ドレスやお花や食事などの全てのスタッフのお仕事に関わっているのは、ドレスコーディネーターとして活躍してきた方であれば、深く理解できることかと思います。
■目次■


活かせる経験

ウェディング業界の経験者であっても職種が異なれば、転職する際はもちろん未経験となります。

ですが、今までウェディング業界に携わりかつ、ヒアリング力・カウンセリング力スキル・提案力を求められ、そして実は成人男性並みの体力・力を求められる仕事を経験されてきたあなたの経験を活かせることは、たくさんあるはずです

志望動機や面接で気を付けること

実は、ドレスコーディネーターからプランナーを目指す方は少なくありません。

同じ業界だからこそ、なぜプランナーになりたいのか。 イメージや憧れを持つことはとても大切ですが、ドレスコーディネーターとして、 どれだけの結果を残してきたか実績を明確にし伝えましょう

プランナー職に対する理解

ウェディング業プランナーは、一貫担当制分業制に分かれています。

一貫担当制であれば、新規顧客接客獲得→プランニング→挙式当日の責任者

分業制であれば、「新規顧客接客獲得部門」と、「打ち合わせ部門」に分かれます。

これは企業によって異なります。 また、最近は世の中の情勢で結婚式に対する意識やイメージも変化し、写真に残すフォトウェディングも大変人気となっていろことを体感されている方も多いと思います。

プランナーにも、たくさんの企業によって役割は変わってきます。

実際にドレスコーディネーターからウェディングプランナーに転職された方からの声で多いのが、

「結婚式の準備で一番楽しいとおっしゃるご新婦様が多く、かけがえのない時間をともにする喜びを感じてドレスコーディネーターとして働いていたけれど、ウェディングプランナーになってみると、また別の角度でお客様とともに作りあげていく楽しさや幸せを実感できる」

「視野が広がりウェディング業界に携わることが、益々楽しくなっている」

「日々重たいドレスを持っていた経験から、体力があることがとても役に立っている」などです。

どちらのお仕事も関わり方は違えど、お客様にとって大切な存在です。

なぜ、ドレスコーディネーターを離れウェディングプランナーになりたいのか、 どのように活躍していきたいのか、一度自身のキャリアを棚卸してみてください。 準備をしっかりしておくと、活動をしていく上でもスムーズです。

転職サポート

ブライダルキャリアでは、転職のプロであるキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリングを行い、あなたに合った企業のご提案する「転職サポート」を行っております。 ぜひ一度ご相談ください。

面接が決まった方へ、無料の面接前対策も行っております。