履歴書の書き方 | ブライダルキャリア

転職活動において、書類選考は最初の関門です。まずは、履歴書と職務経歴書で、自分の魅力を企業に伝え、採用担当者から「会ってみたい」と思ってもらう必要があります。

そのためには、履歴書を書く上でのマナーや、基本的なルールについても知っておかなければなりません。

「十分理解している」と思っていても、うっかり思い違いをしていることもあります。履歴書を書く前に、基本的なルールや書き方について、あらためて確認しておきましょう。
■目次■


履歴書とは

履歴書は、就職活動や転職活動を行う際、自分のこれまでの経歴を企業に知ってもらうために提出する書類です。

生年月日や氏名、住所といった基本的な個人情報から、学歴、職歴、保有資格などの経歴、志望動機や自己PRといった応募に関する事項までを、1枚の用紙にまとめます。

履歴書の形式はJIS規格で定められており、原則としてこのフォーマットに則って作成します。企業に提出した履歴書は、不採用の場合は返却もしくは破棄され、採用された場合は従業員情報のひとつとして企業に保管されます。

履歴書の各項目の書き方

履歴書
①日付
履歴書の「提出日」を記入します。郵送の場合は投函する日、メールで送付する場合は送信する日、持っていく場合はその日となります。履歴書を記入した日ではないので注意してください。

年齢については、この日付における年齢を記入します。履歴書の年表記には、年号(和暦)と西暦、どちらを使っても問題はありません。ただし、必ずどちらかに統一する必要があります。

履歴書内で年号と西暦が混在しないようにしてください。
②写真
3ヵ月以内に撮影した写真を貼ります。原則としてスナップ写真ではなく、写真館で撮影してもらった物か、証明写真機で撮影した物を使います。サイズは、縦4cm×横3cmが一般的です。
③住所、連絡先
住所は、都道府県名から書いてください。「丁目」や「番地」「建物名」なども略さずに書くのが基本です。連絡先は、企業から連絡をもらうための大切な情報ですから、大きめの文字で読みやすく書きましょう。
④学歴、職歴
学歴は、高校入学以降の学歴について書くのが一般的です。学校名や学部名まで、正式名称で記入します。 職歴は、企業名や入社、退社の年月、役職などを書く必要があります。
⑤資格
資格は、取得した時期に沿って記入します。保有資格が複数ある場合は、より業務に関係が深いと考えられるものを優先して書くようにします。資格名は省略せず、正式名称を記入しましょう。
⑥志望動機
なぜその企業に入社したいのか、入社後に企業にどう貢献していきたいのかについてアピールします。表面的な文章にならないよう、企業情報を収集した上で、自分の言葉で書くことが大切です。
⑦趣味
基本的には正直に書けば問題ありませんが、一般的にネガティブな印象を持たれる可能性がある趣味については注意が必要です。仕事につながる内容の趣味については、積極的にアピールしましょう。
⑧本人希望記入欄
基本的には正直に書けば問題ありませんが、一般的にネガティブな印象を持たれる可能性がある趣味については注意が必要です。仕事につながる内容の趣味については、積極的にアピールしましょう。

就業する上で、どうしても譲ることのできない条件がある場合に記載します。「できれば残業は少なめがいい」といった希望については記載せず、「貴社の規定に従います」とします。
⑨通勤時間
基本的には正直に書けば問題ありませんが、一般的にネガティブな印象を持たれる可能性がある趣味については注意が必要です。仕事につながる内容の趣味については、積極的にアピールしましょう。

就業する上で、どうしても譲ることのできない条件がある場合に記載します。「できれば残業は少なめがいい」といった希望については記載せず、「貴社の規定に従います」とします。

家を出てから勤務先に到着するまでの時間を、5分単位で記載します。地図アプリなどを使って調べましょう。通勤方法がいくつかある場合は、その中から最短ルートの時間を選びます。
⑩配偶者、扶養家族数
配偶者の有無について、「有」か「無」かに○をつけます。また、扶養家族がいる場合は、その人数を記入します。一般的に、履歴書に記載する扶養家族数は、健康保険上の被扶養者で数えます。

履歴書作成の6つのポイント


✓手書きが基本だがパソコンでの作成も認められつつある
かつては、市販の用紙に手書きで記入するのが一般的でしたが、業界によっては、パソコンで履歴書を作成しても問題ないと考えている企業も増えてきています。手書きとパソコンでの作成のメリットをそれぞれ知った上で、作成方法を選びましょう。
✓読みやすい丁寧な字を心掛ける
文字は崩さず、楷書で丁寧に書きましょう。筆記具は黒のペンを使います。文字のサイズは大きすぎても小さすぎても読みにくいものです。どのくらいの配分で書くと欄がきれいに埋まるのかを、確認しながら書くようにしてください。
✓誤字・脱字の見直しをする
誤字や脱字は、社会人としての基礎力が低いと思われる原因となります。漢字の間違いや、何の気なしに略語を使っていないかなど、提出前の再チェックを必ず行ってください。
✓写真の印象は大切
白やグレー、青の背景を使って、明るい表情で撮影した写真を貼ります。カジュアルな印象にならないように身だしなみを整えて、スーツを着用するのが基本です。過度なアクセサリーや奇抜な髪形は避け、清潔感を大切にしてください。
✓空欄を作らない
履歴書の欄は、原則として全て埋めるようにしてください。特に書くことがない場合、「賞罰」は「なし」「本人希望欄」は「貴社規定に従います」と書きます。それ以外の、自己PRや長所、趣味といった欄については、内容を記載する必要があります。
✓古い履歴書の使い回しをしない
履歴書は、それぞれの応募先企業に合わせて作成する必要があります。特に志望動機は、企業によってその内容は変わるはずです。そのため、別の企業から返却された履歴書を使い回したり、以前書いた物をそのまま使ったりするのはやめましょう。

履歴書作成のNGルール


✖嘘の内容
履歴書の内容を充実させようと、学歴・職歴や資格、実績などに嘘を書いてはいけません。

仕事に就いていた期間や会社名は事実を記載していて、「マネージャーとして」や「プロジェクトリーダーとして」など職務内容を偽ることもやめましょう。

それでもし入社できたとしても、仕事ぶりで「本当にマネージャーだったのか?」など後から疑われると肩身の狭い思いをします。

軽い出来心で嘘を書くことだけは絶対にNGです。少しでも嘘がばれると、履歴書に書いている内容すべてに信頼がなくなります。
✖あいまいな志望動機
キャリア転職の場合は、すでに社会経験を十分に積んでいる人材が求められます。そのため志望動機も具体的で、説得力のある内容に仕上げなければいけません。

例えば「貴社の社風に魅力を感じました」、「経営方針に共感しました」といった表現はあいまいで、どの会社にも通用する文言だと判断されます。あたりさわりのない内容ではなく、なぜ「この業界なのか」、「この仕事なのか」、そして「この会社なのか」を明確に言葉にしましょう。

気を付けなければいけないのは、未経験での転職の場合「貴社でしっかり勉強させていただきたい」など書いてしまうことです。業界未経験でも、企業はすぐ即戦力として働ける人材を求めています。できる限り自分で入社前に勉強する、と意欲を示すように書き方を注意しましょう。
✖ネガティブな退職理由
職歴には入社と退社について書きますが、退職理由は「一身上の都合により」、「契約期間満了につき」、「会社都合により」とするのが一般的です。特に「健康上の理由により」などネガティブなことを書く必要はありません。

一方で、場合によってはもう少し具体的に退職理由を書いた方が良いこともあります。例えば何度も転職しているような場合は、すべて「一身上の都合により」と記すより、「親の介護のため」や「キャリアアップのため」など具体的な理由をあげましょう。ブランクの空いている女性の場合も「結婚のため」、「出産のため」など退職理由を書いておいた方が良いでしょう。

履歴書を送付する際の注意点


メールもしくは郵送で、履歴書を応募先の企業へ送る場合があります。

メールで送る場合は、メールの本文にはどのようなことを書いたらいいのでしょうか。また、郵送する場合には、送付状はどうしたらいいのか、どのような封筒を選んで送ればいいのかを知る必要があります。

履歴書を送付する際に知っておきたいことは、下に挙げる記事を参考にしてみてください。履歴書の送り方にも注意を払いましょう。

〇履歴書をデータ(pdf)でメール送付するときのマナーや気を付けるべきポイントとは?
求人に応募する際、履歴書をデータで送るケースが増えています。送り方やマナーなどがわからずに困っている方も多いのではないでしょうか。

〇履歴書・職務経歴書を郵送する際に必要な送付状の正しい書き方
履歴書を企業に郵送する際は、「送付状」や「添え状」と呼ばれる書類を添えることがマナーですが、送付状は書き慣れていないと、何を書いたら良いのかわからないのではないでしょうか。

〇履歴書・職務経歴書の封筒の正しい書き方とは?郵送・渡し方のマナーについて
履歴書・職務経歴書を書き上げると気が緩みがちですが、実は書類内容だけでなく、送り方をチェックしている企業もあります。
ブライダルキャリでは面接が決まった方の、履歴書・職務経歴書のチェックも行っております。 ぜひご相談ください。