ブライダルキャリア|ブライダルプランナー

.

ブライダルプランナーお仕事内容は、大きく
@新規接客
A事前打ち合わせ
B結婚式当日

の3つに分かれています。

また、式場によってはC一貫担当制と分業制に分かれているところもあります。

では、一つ一つご紹介していきましょう。

@新規接客

結婚を決めたカップルは理想の挙式を実現するためにいくつもの式場をまわります。

まずは式場を訪れたカップルに会場を案内しながら、

・どんな式にしたいのか
・予算
・こだわり

などをきちんとヒアリングをして、ここで
どのような式を挙げることができるのかを提案・営業をします。

自社で式を挙げてもらえるように魅力的なプランを提案できなければなりません。

A事前打ち合わせ

式を挙げてもらうことが決まったら事前準備に入ります。

一般的には数ヶ月前からスタート!
新郎新婦からの要望にも変化があるので、式当日までは何度も打合せを行います。
この打ち合わせの日取り決めや連絡もプランナー自身が行っていきます。

新郎新婦との打ち合わせ以外のときでも、招待状や引き出物の選び方など、
細かな新郎新婦の要望や質問に対応しなければいけません。

要望を聞きながら、日程、予算、式の進行、料理、ドレス、BGM、式場のレイアウトなどを決定。
プランが決定したら、式当日の司会者の手配、照明や音響の発注、料理の手配などを
各スタッフに指示していきます。

B結婚式当日

一番の大仕事はやはり結婚式当日!

手配していたものが全て届いているかの確認をして、

・事前の準備どおり式場がレイアウトされているか
・司会者と進行内容の確認
・BGMのチェック

など、時間通りに式が始められるように会場全てに気を配りスタッフを動かしていきます。

式本番も問題がないかを常にチェックしながら立会い、
万が一に備えてなにがあっても素早く対応できるように式の本番では会場の脇で式を全て管理しなくてはいけません。

また、式が無事終わった後も休む暇はありません
全ての後片付けを指示し、また次の新郎新婦との打ち合わせの準備に入ります。

C一貫担当制と分業制

式場によっては
新規接客から事前準備、結婚式前日まで、最初から最後まで一人のプランナーが担当する一貫担当制のところと
新規接客と事前準備〜結婚式前日まで別のプランナーが担当する分業制のところがあります。


なぜ分かれているのか?

式場によって異なりますが、一例として
当日の施工数が多い会場だと一人のプランナーが一日に何組も重なってしまい
責任者不在のまま式が進むことになり、万が一、問題が起こったときに対応できないという
事態を防ぐために分業制にしている式場などもあります。


“ブライダルプランナーのお仕事”って??

ブライダルプランナーのお仕事について、どんなイメージをもっているでしょうか?

「新郎新婦と共に最高の式を作り上げていく職業」
というイメージが一番最初に浮かんでくるかと思います。

ですが、実際はというと式のプランニングの前に挙式をする新郎新婦を獲得しなければなりません。
いわば、ブライダルプランナーは結婚式場の大事な営業窓口なのです。

結婚を決めたカップルに自分たちの式場を選んでもらう営業力がブライダルプランナーにとって必須なのです。


式場によっては個人の目標売上に近いものもあり、新入社員が営業の目標やプレッシャーで悩み、数ヶ月で退職してしまうようなケースもあります。

華々しい結婚式のプランニングという面だけでなく、営業という業務も含めてブライダルプランナーという仕事を選ぶことが重要なのです。

“ありがとう”その一言のために・・・

営業職であり、接客職でもあるブライダルプランナーのお仕事。体力的にも大変な仕事です。

現在、ブライダルプランナーとして活躍している方達がこの現状を乗り越えている一番の理由は新郎新婦からもらう

「ありがとう」「あなたのお陰でいい一日になりました。」

とう言葉!!

けして安いとは言えない金額を支払ってもらった上にこんなに温かい言葉を頂けるお仕事は
他にはありません。

この言葉だけで「また頑張ろう!」という気持ちになる方がほとんど。


ブライダルプランナーを目指そうと思っている方は
どんな業務を行うのかについて、深く理解しておくことが大切です。

【関東・未経験者向け】
ブライダルプランナーの求人はこちら


【関西・未経験者向け】
ブライダルプランナーの求人はこちら


【東海・未経験者向け】
ブライダルプランナーの求人はこちら


【九州沖縄・未経験者向け】
ブライダルプランナーの求人はこちら