ウェディングプランナーの働き方とやりがい | ブライダルキャリア

ブライダル業界でも人気の職種「ウェディングプランナー」 大切なことは、「人の幸せをお手伝いすること、人の幸せが何よりも幸せ」と思う気持ち。そんな気持ちが強い方にとっては、天職となるお仕事です。

ここでは、ウェディングプランナーの働き方とやりがいについてご紹介していますので、ぜひご参考にしてください。
ウェディングプランナー



ウェディングプランナーの働き方

結婚式を控えるカップルに、結婚式をプロデュースするお仕事です。結婚式には、式場選び・予算・招待状の手配・食事について・音響について・そして衣装選びなど、決めることがたくさんあります。 お客様のご希望やご要望、考えを聴き、お客様にとっての最適な案をご提案し、素晴らしい結婚式になるよう、トータルでサポートしていきます。
ウェディングプランナーとして働くうえで特に必要な、公的資格はございません。 大切なことは、「人の幸せをお手伝いすること、人の幸せが何よりも幸せ」と思う気持ち。そんな気持ちが強い方にとっては、天職となるお仕事です。
「一貫担当制」と「分業制」があります。(会社によってスタイルが異なります)
分業制で分かれていることを、すべて行うのが一貫担当制です。 また、式場をご紹介するプランナーから、リゾートウェディング、フォトウェディングなど様々な強みが各社にあります。

強みが違うからこそ、働き方も異なります。人の人生に携わる職業だからこそ、あなた自身の「どのような想い」で「どう働きたいか」を大切にしてください。


新規担当

式場見学にいらしたお客様に、自社の魅力をご紹介して、契約に結び付けるお仕事です。どこで結婚式を挙げようか悩んでる新郎新婦様が、相談・見学にいらっしゃいます。
そのような方たちにヒアリングを行い、式場の案内をし、ここだったらどのような式を挙げることが出来るのかを、ご提案します。 お客様はどこでだったらより良い結婚式を挙げることができるのかを考えているため、いくつもの式場を回って比較検討されます。 だからこそ、自社で式を挙げていただけるよう、最適で魅力的なプランをご提案することが大切です。
「どのような式にしたいと思っているのか」
「ご予算はどれくらいなのか」
など、丁寧にお伺いしなければいけません。100 組いれば 100 組とも、こだわりも想いも違うので、それぞれの方に真摯に向き合うことが必要です。

打ち合わせ担当

新規担当が契約したお客様を引き継ぎ、打ち合わせを繰り返し、具体的に決めていくお仕事です。お客様とのお付き合いは、平均 4 か月~6 か月程度となります。
お客様のご要望を聴きながら、日程・ご予算、式の詳細(料理・ドレス・BGM・式場のレイアウト・お花やブーケなど)を打ち合わせします。 式当日の司会者の手配や、照明・音響対応、関わる全ての部署スタッフへ正確な指示を行うことも、打ち合わせ担当の仕事です。

会社によってはウエディングプランナー自身が、そうした手配を行う場合もあります。
一般的に、挙式の準備は数か月前から始まります。式当日を迎えるまで、対面でもお電話でも、メールでも、何度も打ち合わせを行います。 打ち合わせ以外でも、招待状や引き出物の選び方、様々なお悩みなど、新郎新婦様のご要望やご質問には随時、臨機応変に対応します。

一般的なウェディングプランナーのお仕事は上記になりますが、自社の式場や提案が何を魅力としているか、強みとしているかで働き方に変化があります。

ウェディングプランナーのやりがい!!


結婚式は、生涯自分の記憶に残るもの。
「あなたに会えて、本当に良かった!ありがとう!!」とお言葉をいただだき、そして心からの笑顔は何にも代えがたい幸せです。 結婚式が終わったら終わり、ではありません。 素敵な結婚式であればあるほど、新郎新婦様の記憶にも残り続けます。目の前でのありがとうはもちろん、「担当してくれた〇〇さん、元気かな?本当にあの人に出会えて良かったね」と、人の幸せの記憶に残る続けられるのは、本当に尊い幸せなお仕事です。


実際の転職状況


ブライダルキャリアから多数の転職実績があります。
経験者の方のステップアップでの転職も多くありますが、 未経験の方の転職実績も多数あります!
〇エステティシャン経験 1年(23 歳女性)
〇サービススタッフ経験 2 年(24 歳女性)
〇雑貨販売 1 年(23 歳女性)
など、
様々な経験からウェディングプランナーへと挑戦し夢を掴んでいる方が多数!

ブライダルキャリアでは、約1000件の求人の中からあなたのご希望に合った企業をご紹介しています。 ブライダル業界を熟知しているスタッフがあなたの転職をサポート。
あなたもチャレンジしてみませんか?